協会概要

日本デジタルトランスフォーメーション推進協会の前身の、日本中小企業情報化支援協議会は、日本を活性化するためには中小企業の情報化が必要という理念のもとに、地方や中小企業のIT化を推進するための人材育成、啓蒙普及活動、プロジェクトなどに10年間取り組んで参りました。

この10年間でクラウドをはじめとしたテジタル技術の進展により、企業の規模は関係なくなり、産業構造が大きく変わってきてきました。

今必要なのは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進することで、時代の変化に俊敏に対応できる組織への変革、顧客ニーズにあった事業創造、新しい顧客体験の創出を実現することにあると私たちは考えています。

しかしながら、多くの企業でDXの重要性は理解されているものの、業務改善やシステム刷新レベルで止まることも多く、取り組みは十分とは言えません。

当協会では、次世代では当たり前と言われるデジタル技術を使いこなす企業を増やし、希望が溢れる未来を創るためにDX推進人材育成、新規事業創出支援、地方創生、政策提言など通して日本におけるDXの推進に取り組んで参ります。

活動内容

1.DX推進人材の育成や組織づくりの支援

2.DXに関するイベントや勉強会の開催

3.地域のDX推進に関するプロジェクト

4.啓蒙・普及・政策提言

5.情報提供

役員紹介

 会長

眞柄 泰利

サイバートラスト株式会社 代表取締役社長
NPO法人ブロードバンドスクール協会(BBS協会) 理事長
内閣府高度情報通信ネットワーク社会推進本部IT防災ライフライン推進協議会 委員
早稲田大学WBS研究センターソーシャルアントレプレナー研究会 特別研究員

経済産業省推進事業 IT 経営応援隊副会長
特定非営利活動法人 IT コーディネータ協会理事
社団法人日本テレワーク協会など業界団体、IT 関連 NPO、シンクタンクの役員、理事を歴任。
Australian Rugby Union (オーストラリアラグビー協会)レベル 1 コーチ。
2005年および 2007 年「日本の論点」に寄稿。
日本におけるソフトウェアビジネス黎明期からその最前線で多くの経験を積む。

副会長

森戸裕一

ナレッジネットワーク株式会社代表取締役

次世代人材育成支援として、2003年よりNPO法人学生ネットワークWANの活動を開始。全国の企業経営指導、地方創生支援などの経験から大学では地方創生などのゼミを担当する。総務省地域情報化支援アドバイザー、内閣官房シェアリングエコノミー伝道師、サイバー大学専任教授、名古屋大学客員教授、ナレッジネットワーク株式会社代表取締役、PORTO株式会社代表取締役。

日本デジタルトランスフォーメーション推進協会概要

名称一般社団法人日本デジタルトランスフォーメーション推進協会
所在地〒102-0074 東京都千代田区 九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア
会長眞柄 泰利
副会長森戸 裕一
事務局長櫻木諒太